いつか連れてくよオアフ島

~マイルを使ってハワイに行って帰ってくるのをくり返す物語~

フジロックにマイルで?交通手段を比較してみた【名古屋編】

名古屋…それはフェスから見放された地…。

 
フジロックフェスティバルといえば毎年7月の終わりに新潟は苗場スキー場で行われる洋楽、邦楽の野外温泉フェスです。前夜祭も含め5日間(木曜日から日曜日の朝まで)行われます。フジと付いていますが富士山周辺でやった伝説の一回目以外は全て富士山と関係ない場所で開催されています。
 

f:id:jikishi:20160319112228j:image 

そんなフジロックに名古屋からマイルの特典航空券で行くとしたらどうなるのかを考察してみました。なぜ名古屋からかというと、東京からは新幹線で行くのが一番なので飛行機を考える必要はないし、大阪からは正直よく分からないからです。
 

 

飛行機を使う場合

名古屋駅から苗場スキー場までのルートとしてみます。名古屋から中部国際空港セントレアは片道870円。そしてセントレアから新潟空港(この記事を書くにあたって初めて新潟に空港があることを知りました)はレギュラーシーズンで往復15000マイル。新潟空港新潟駅間はバスしかなく410円。新潟駅から越後湯沢駅までは新幹線で4860円。越後湯沢駅から会場の苗場スキー場までは往路500円(復路は無料だそうです)以上を合計すると往復13280円+15000マイルということになります。
 
所要時間は名古屋~セントレアが46分、セントレア新潟空港が1時間ですが、前後の手続き等含めて全部で1時間45分としておきます。新潟空港新潟駅がバスで30分、新潟駅越後湯沢駅が48分、越後湯沢駅からシャトルバスで苗場スキー場まで30分。合計4時間19分です。
 

車の場合

f:id:jikishi:20160312122126j:plain

f:id:jikishi:20160312122713j:plain

高速料金9960円と距離数(高速とマップで距離がぜんぜん違う…)間を取って420kmとしておきましょう。ガソリン代はリッター10kmと考えて4200円。片道14160、往復28320円です。あ、駐車料金が1日3000円で9000円なので合計37320円。4人で1台の車で行けば一人当たり9330円。名古屋の人がほとんど車の乗り合いで行くのは当然ですね。

 

新幹線の場合

しかし一人で車で行くのは金銭的にも体力的にも大変ですので、一番楽な新幹線での移動を考えてみましょう。

f:id:jikishi:20160312123310p:image

 

片道15860円。+越後湯沢駅から会場間のシャトルバスで500円。往復31720円+500円の合計32220円です。

 

まとめ

まとめます。 

交通手段往復料金所要時間(片道)乗り換え回数
飛行機 13280円+15000マイル 4時間19分 4回
37320円 5時間35分 なし
新幹線 32220円 3時間14分 2回

 

 こう見ると、一人で参加予定でマイルが貯まってるけど特に使う予定がないって人以外はおとなしく新幹線で行ったほうが良さそうですね…フェス前に体力を使い果たしたら元も子もありません。

オフィシャルのバスツアーの料金が発表されたらまた更新しようと思います。

ちなみに私はその昔mixiで人を集め名古屋から苗場までのバスをチャーターして一人往復9000円で行ったことがあるのでそれが一番安いです。さらに幹事をやると端数がチケット代くらいにはなります。オススメです。笑

 

FUJI ROCK FESTIVAL '16

2016年7月22日(金)新潟県 湯沢町苗場スキー場

2016年7月23日(土)新潟県 湯沢町苗場スキー場

2016年7月24日(日)新潟県 湯沢町苗場スキー場

 

<出演者>Red Hot Chili Peppers / ベック / Sigur Ros / Disclosure / ジェイムス・ブレイク / Ken Yokoyama / Battles / Ben Harper & The Innocent Criminals / The Birthday / BO NINGEN / Con Brio / コートニー・バーネット / EGO-WRAPPIN' / アーネスト・ラングリン / Explosions in the Sky / G.Love & Special Sauce / DJハーヴィー / The Heavy / The Internet / ジャック・ギャラット / ジェイク・バグ / Jump With Joey / カマシ・ワシントン / Kula Shaker / リー・スクラッチ・ペリー / リオン・ブリッジズ / MAN WITH A MISSION / Mark Ernestus' Ndagga Rhythm Force / Mura Masa / オリヴァー・ヘルデンス / Robert Glasper Experiment / 寺田創一 / ソフィー / スクエアプッシャー / Trashcan Sinatras / 2Cellos / WANIMA / and more

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク