読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか連れてくよオアフ島

~マイルを使ってハワイに行って帰ってくるのをくり返す物語~

軍艦島ツアーに参加!EOS KISS X7で写真を撮ってきました

f:id:jikishi:20160821182737j:plain

2016年8月17日にやまさ海運の軍艦島クルーズに参加しました。
この記事では純粋にフェリーに乗船して軍艦島へ向かう途中、上陸、離島までの間に撮影した写真を中心に紹介したいと思います。

使用したカメラはCanonのEOS Kiss X7です。まだ買って一ヶ月経ってないですが、これがあったおかげで大変楽しい旅でした。 

スポンサードリンク

 

長崎港から軍艦島まで

f:id:jikishi:20160821151431j:image

これが軍艦島へ連れて行ってくれるフェリーです。私は進行方向向かって右側に座ることができました。行きは向かって右側に軍艦島が見えるので可能なら絶対右側に座ったほうがいいです。

f:id:jikishi:20160821151752j:image

フェリーが出港しました。長崎の街が小さくなっていきます。

 

f:id:jikishi:20160821151840j:image

三菱の船です。何かしらの燃料を運ぶタンカーだそうです。

 

f:id:jikishi:20160821151927j:image

橋の下をくぐりました。この日は本当にいい天気でした。

 

f:id:jikishi:20160821152054j:image

教会です。これはズームレンズで撮影しました。

 

f:id:jikishi:20160821152131j:image

なんと、製造途中の客船を見ることができました。なかなか船を作ってるところって見る機会ないですよね。

 

f:id:jikishi:20160821152246j:image

そうこうしているうちに軍艦島が近づいてきました。このおっさんは知らない人です。

 

f:id:jikishi:20160821152359j:image

全貌が見えてきました!

 

f:id:jikishi:20160821152545j:image

f:id:jikishi:20160821152556j:image

かなりの迫力です。

f:id:jikishi:20160821152613j:image

ズームレンズで。唯一残ってる神社の一部です。

 

f:id:jikishi:20160821152654j:image

船が停泊場につきました。

 

f:id:jikishi:20160821152745j:image

こんな階段で上陸します。角度が急なので足元に気をつけましょう。

 

スポンサードリンク

 

軍艦島(端島)本島

f:id:jikishi:20160821160805j:image

ここが停泊場から一番近い第一広場からの風景です。真ん中に見えるのが学校です。なぜか最上階が保育園だそうです。しかもエレベーターなし。小さいうちから社会の厳しさを教えていたのでしょうか。

右に見えるのはベルトコンベアだったものだそうです。

f:id:jikishi:20160821160932j:image

第一広場で係の方が建物や歴史の説明をしてくれます。実物の石炭も見せてもらえました。軍艦島クルーズで回れる場所は第一広場から第三広場までで、各場所移動時間含め10〜13分といったところです。上陸していた時間はだいたい40分くらいです。

 

f:id:jikishi:20160821161119j:image

第二広場からの風景です。ここは炭鉱の会社の事務所だったとこだそうです。

 

f:id:jikishi:20160821161141j:image

白く写ってるのは灯台です。比較的新しく見えるのはこれが2代目だからです。一本目は鉄製で、潮で錆びてしまい壊れてしまったため、二代目は強化プラスチックで作られているそうです。しかし今はもう稼働していません。

 

f:id:jikishi:20160821181850j:image

人が住んでいたマンションです。軍艦島のマンションは、この当時では日本で一番高い高層マンションだったそうです。

f:id:jikishi:20160821181906j:image

第三広場からの風景です。

f:id:jikishi:20160821181938j:image

後ろにはプールもありますが、水は海水だったそうです。

f:id:jikishi:20160821182014j:image

プールの白線も確認できます。

 

残念ながらツアーはこれで終わりです。島の全体に対して人が立ち入れる場所はごく僅かなので消化不良感は否めませんが、ご覧の通りの廃墟なので景観の保全やツアー客の安全を考えると仕方ないことだと思います。

 

f:id:jikishi:20160821182301j:image

最後にズームレンズを限界までズームして灯台を撮影しました。とまってる鳥はトンビかなんかでしょうかね。

f:id:jikishi:20160821182428j:image

海の様子です。

f:id:jikishi:20160821182446j:image

帰りは島の周りをぐるっと一周してくれました。飯田圭織バスツアーと同じシステムですね。

f:id:jikishi:20160821182737j:image

これは反対側から見た端島の全貌です。ここから見た島の様子が「戦艦 土佐」に似ていたため軍艦島と呼ばれるようになったそうです。

 

ここで艦これの土佐の画像を載せて似てませんねとウケを狙おうと思ったんですが、艦これで土佐はまだ登場してないようですね。

なぜなのかを調べてみると、土佐という戦艦は建造途中にワシントン海軍軍縮条約という条約で建造中止になり、結局実験に使われ、最終的には高知県周辺の海に沈められているそうです。

f:id:jikishi:20160822221016j:plain

画像:加賀型戦艦 - Wikipediaより

こちらが戦艦土佐です。確かに似ていますね。

 

f:id:jikishi:20160821182847j:image

帰りのフェリーでは、DVDで軍艦島の歴史ビデオを見ることができました。本当にあそこで生活していた人がいたんだなーと感慨深くなりました。

 

まとめ

というわけで、大変有意義なツアーでした。

進撃の巨人の映画がここで撮影されたそうなので、全然興味なかったですけど見てみたくなりました。

軍艦島に興味ある人に限らず、長崎を訪れることがあったら思い切って参加してみることをお勧めします!

↓ 参加したのはこちらのツアーです↓

|やまさ海運株式会社|新・観光丸 長崎港めぐり、軍艦島クルーズ、三池島原ライン(島原港~三池港間高速船)

スポンサードリンク

 

 

www.jikishi.com 

www.jikishi.com

 

www.jikishi.com

www.jikishi.com

www.jikishi.com

www.jikishi.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ

スポンサードリンク