いつか連れてくよオアフ島

~マイルを使ってハワイに行って帰ってくるのをくり返す物語~

名古屋観光は「キンブル」へ!異色すぎるリサイクルショップをご紹介!

名古屋をいざ観光しようと思うと、どこに行こうか迷ったことはありませんか?名古屋城、東山動植物園、名古屋港水族館などなどありますが、いざ観光!となるとなんかちょっと違うんじゃないかとなりますよね。

そこで、今回は名古屋観光の際はキンブルへ行ってみては?というお話です。

  

スポンサーリンク

 

キンブルとは? 

−キンブル− リサイクル&ディスカウント

 

キンブルを一言で表すとリサイクルショップです。

キンブルは愛知県内に4店舗あります。名古屋観光とか言いながら名古屋市には一つもありません。しかも公共交通機関では行きにくいところばかりなのでレンタカーを借りるか名古屋在住の人に案内してもらってください(投げっぱなし)。

 

キンブルが普通のリサイクルショップと違う点は、誰がこんなものを買うの?というものが平気で陳列されている点です。

以下、いろいろ紹介して行きます。 

 

キンブル小牧店に行ってきた

f:id:jikishi:20170212153819j:image

というわけで、今回はキンブル小牧店に行ってきました。

「何でも買います」とありますが、店内に入ると「マジだったんだ」と思うことと思います。

 

f:id:jikishi:20170212153851j:image 

駐車場はほぼ満員です。キンブルのすごいところは、ただイロモノを集めた店というわけでなく、ちゃんとお客さんが集まる繁盛店だということです。

 

食品コーナー 

f:id:jikishi:20170212153950j:image

f:id:jikishi:20170212153959j:image

小牧店には店舗の前で野菜も売ってます。しかも安い!

 

f:id:jikishi:20170212154037j:image

f:id:jikishi:20170212154052j:image

食品もあります。本当に利益出るの?というような値段で売られています。

 

f:id:jikishi:20170212154129j:image

こんな感じの季節ものが安く手に入ったりします。きっと時期を過ぎてスーパーでは売れなくなったものを安く買い取ったりしてるんでしょうね。

 

f:id:jikishi:20170212154200j:image

駄菓子屋並みに安いものもあります。遠足のおやつが300円までだとしたらキンブルで買いましょう。

 

スポンサーリンク

 

リサイクルゾーン

ここからが本当のキンブルと言っても過言ではありません。

 

f:id:jikishi:20170212154435j:image

当然家具もあります。コタツが500円くらいで売ってます。

 

f:id:jikishi:20170212154541j:image

冷蔵庫はそこそこしますね。

 

f:id:jikishi:20170212154711j:image

屏風とか置物とか…一番端のはなんでしょうか。

 

f:id:jikishi:20170212154629j:image

あ、鍾乳石輪切り衝立でした。一家に一台あるやつですね。

 

ショーケースの中も必見です。

f:id:jikishi:20170212155310j:image

どの店舗にもある七福神の置物です。

リサイクルショップに売られてる七福神、絶対福もたらしてくれない説。

 

f:id:jikishi:20170212155451j:image

荒野のガンマンみたいなブロンズ像です。43万円という強気な値段設定ですが売れるんでしょうか?

 

f:id:jikishi:20170212160904j:image

五月人形もあります。子供の時にしか使わないのでここで買うのもアリですね!(ナシ)

 

f:id:jikishi:20170212161100j:image

100円でお釣りがきます。ちなみに20体くらいいました。スペースの無駄では…

 

f:id:jikishi:20170212161324j:image

アヌビスのオルゴールがありました。なぜオルゴールにした。

 

なぜこの音楽なんだ。

 

f:id:jikishi:20170212161314j:image

当然服もあります。

 

f:id:jikishi:20170212161405j:image

このジャケットいくらだと思いますか?

 

f:id:jikishi:20170212161428j:image

86円です。五月人形とどちらを買おうか迷いますね。

 

f:id:jikishi:20170212161503j:image

ジーパンも54円から取り揃えてます。昭和初期か。

 

f:id:jikishi:20170212161604j:image

続いては食器コーナーです。これも中古なのか…?

 

f:id:jikishi:20170212161632j:image

割れてても自己責任です。

 

f:id:jikishi:20170212161653j:image

湯呑みはだいたい10円です。いくらで買い取ったんだ。

 

f:id:jikishi:20170212161734j:image

重箱も安いです。一段あたり18円ですね。

 

f:id:jikishi:20170212161902j:image

楽器もありました。使ってた楽器をキンブルに売るような人はどちらにしろ大成してないと思うのでいい判断ではないでしょうか。

 

f:id:jikishi:20170212161852j:image

アコギの扱いの雑さ。並ぶとカブトムシみたいですね。

 

f:id:jikishi:20170212162026j:image

ドラムもありました。すぐにドラムセットを破壊するYOSHIKIさんはここで買ったらいいと思います。

 

f:id:jikishi:20170212162116j:image

なんと琴まで。最安648円です。本当に音出るんでしょうか。

 

f:id:jikishi:20170212162227j:image

背後には水牛の角が。キンブルの象牙や水牛の角推しはすごく、だいたいどの店舗に行っても置いてあります。緊急で象牙や水牛の角が必要になった場合はまずキンブルへ行きましょう。

 

f:id:jikishi:20170212162524j:image

現在は公式サイトのトップページで象牙の在庫が分かるようになっています。世界一無駄な情報です。

 

f:id:jikishi:20170212162626j:image

あっ!また五月人形が。これは先ほどのと比べて立派なのでけっこうするのではないでしょうか。

 

f:id:jikishi:20170212162659j:image

しませんでした。むしろさっきのより10円安い。

 

 f:id:jikishi:20170212163141j:image

本もあります。こちらはNANA全巻セットかと思いきや、途中が抜けてる上に21巻が2冊あります。

 

f:id:jikishi:20170212163346j:image

これに至っては共通するのがサイズしかありません。

店舗情報

キンブル小牧店
愛知県小牧市間々原新田下芳池310
TEL:0568-77-8125 FAX:0568-77-8128

営業時間:10:00-22:00 年中無休

 

キンブル大府店
愛知県大府市梶田町3-25
TEL:0562-44-7100 FAX:0562-44-6888                

営業時間:10:00-22:00 年中無休


キンブル弥富店
愛知県弥富市鍋平1-35
TEL:0567-52-1101 FAX:0567-52-1100                

営業時間:10:00-21:45 年中無休


キンブルみよし店
愛知県みよし市根浦町1-1-16
TEL:0561-76-1450 FAX:0561-76-1451                

営業時間:10:00-21:45 年中無休

 

名古屋駅から一番近い(アクセスがいい)のはキンブル弥冨店になります。なんとか電車でも行けるかなという距離です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。実際に買えるものこそ少ないですが、見て回る分には十分楽しめます。

また、店舗ごと、季節ごとに色を変えるのでいつどこの店舗に行っても楽しめると思います。象牙はいつでもどこにでもあります。

 

そんなわけで愛知県が誇る異色リサイクルショップ「キンブル」に是非足を運んでみてください!

スポンサーリンク

 

 

www.jikishi.com 

www.jikishi.com

www.jikishi.com

 

www.jikishi.com

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク