いつか連れてくよオアフ島

マイルを貯めて、ハワイへ毎年行くことに決めました。

スイマーバの正規品と類似品を両方買って比較してみた!その違いとは?

f:id:jikishi:20180506103000p:plain

この記事では、スイマーバの正規品と類似品を両方購入し、その違いを解説しています。 

 

目次

スポンサーリンク

 

スイマーバとは?

 

 

スイマーバは赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズすることを目的に開発された、うきわ型スポーツ知育用具。
英国で発売以来、世界中の赤ちゃんに愛用されています。

プレスイミングとは、水に浮かぶ事から始まり、羊水にいた頃の記憶を忘れないうちから
手で水をつかむ感覚、浮いている感覚、水に浸かっている感覚に親しみ、水への抵抗感や
恐怖感をぬぐいさること、水中でのバランス感覚や心身ともに感覚を刺激することで
好奇心を促す事につながります。

うきわ型スポーツ知育用具のSwimava Japan/スイマーバジャパン公式サイト

 

こんな効果があるということを初めて知りました。

私は完全にお風呂の補助用品だと思ってました。こんな効果があると謳われると使わなくちゃ!と思っちゃいますね。

そんなわけで早速購入したのですが、やっぱりこういうのって類似品が出てますよね。

そこで、両者に違いはあるのかということを検証してみました。

 

スイマーバを開封

今回購入したのはこちらのタイプです。

私が購入した時は3240円でした。

 

さっそく開封してみます。

f:id:jikishi:20180505165626j:image

Amazonで購入したのでAmazonの箱に入って届きました。送料は無料でした。

 

f:id:jikishi:20180505165701j:image

ビニールのジップ付きのケースに入って届きます。

f:id:jikishi:20180505165733j:image

中身です。スイマーバ本体と注意書きのステッカー、空気入れ、はらぺこあおむしのおしりふきのフタが入ってました。

 

f:id:jikishi:20180505165837j:image

とりあえずスイマーバを広げてみました。

f:id:jikishi:20180505165905j:image

裏はこんな感じ。裏表ともベルトの長さ調整はできません。

 

f:id:jikishi:20180505165925j:image

中に鈴が入っています。合計4つ入ってました。

 

f:id:jikishi:20180505165946j:image

付属の空気入れで膨らましてみました。だいたい1分くらいで膨らみます。

 

f:id:jikishi:20180505170145j:image

直径は35センチ弱でした。

 

スポンサーリンク

スイマーバの類似品を開封

続きまして類似品の方を開封してみました。

 

今回購入したのはこちらです。私が購入した時は1880円でした。

 

f:id:jikishi:20180505170235j:image

こちらはメール便で届きました。メール便なら送料が無料です。

 

f:id:jikishi:20180505170326j:image

こんな状態で入ってました。

f:id:jikishi:20180505170349j:image

広げてみました。表はこんな感じです。

 

f:id:jikishi:20180505170438j:image

裏はこんな感じ。こちらも鈴が3つ入ってます。

 

f:id:jikishi:20180505170505j:image

あと空気抜き用の管とリペア用のシールみたいなものが入ってたのですが説明が英語でよくわかりません笑。

 

f:id:jikishi:20180505170552j:image

こちらには空気入れは付いていなかったので口で膨らましてみました。大変かと思いきやむしろ口で入れた方が早かったです笑。

 

f:id:jikishi:20180505170643j:image

裏はこんな感じ。こちらも正規品と同様ベルトの長さ調整はできません。 

両者を比較してみた

では正規品と類似品の違いはなんでしょうか?

f:id:jikishi:20180505170719j:image

とりあえずならべてみました。大きさはほぼ同じくらいです。

正規品が円形なのに対し、類似品は5角形になっています。

 

f:id:jikishi:20180505170835j:image

裏はこんな感じ。どちらにも取っ手とベルトがついてます。

 

f:id:jikishi:20180506125214j:image

横からみた感じ。少しだけ類似品の方が厚みがありました。

 

触ってみた感触はほぼ同じです。スイマーバの方の素材は「塩化ビニル樹脂」でした。類似品の方には素材が書いてありませんでしたが、多分同じだと思います。

 

耐久性という面では実際に長く使わないと分かりませんが、そこまで大差ある感じには見えませんでした。

 

スポンサーリンク

 

子供に使用してみた

というわけで実際に両者を子供に使用してみました。

使用上の注意はこちらのページを参考にしてください。

swimava.jp

 

写真はセクシーすぎてここには載せられないのですが(笑)、どちらもご機嫌で浮かんでました。

f:id:jikishi:20180506103716p:plain

ちょうど公式サイトにあるこんな感じでした。

あごを載せる部分にもどちらも問題なく対応できてました。類似品の方が事故を起こしやすいとかそういった風には見えませんでした。

ベルトの取り付けもどちらも問題なく行えます。顎をのせるところにもちゃんとのせられました。

 

類似品の方も嫌がるとかそういったことは一切ありませんでしたが、スイマーバ自体を嫌がるお子さんもいるみたいなのでこれに関してはどっちがどうという問題でもないかもしれません。

多分スイマーバ形式のものが大丈夫なお子さんでしたらどちらでも問題なく使えると思います。 

まとめ

というわけでスイマーバと類似品は

 

形、付属品、値段以外はほぼ同じ!

 

という結論に達しました。

インスタ等に載せるなら正規品がオススメですが、特にこだわりがないのでしたら類似品で十分かと思います。

それぞれの状況に合わせて購入してみてください!

 

ちなみにスイマーバをアマゾンで購入するつもりならこちらの方法を試すとお得に買い物ができます。 

www.jikishi.com

 

また、新品にこだわりがない方ならメルカリを利用して購入するのもお勧めです。正規品が半額以下で手に入ります。

 

play.google.com

登録は↑のリンクから行えます。

まだメルカリに登録していない方は登録時に

VSYQKE

こちらの招待コードをご利用ください。

最大10000円分のポイントが当たるキャンペーンに参加できます。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク