いつか連れてくよオアフ島

~マイルを使ってハワイに行って帰ってくるのをくり返す物語~

名古屋観光の必需品!「ドニチエコきっぷ」で割引になる施設と使い方まとめ

名古屋市内を移動しようと思うと、メインの交通手段は地下鉄かバスになります。

もちろん全国のICカード(SUICA,PASMOなど)で利用できるのですが、土日祝日と毎月8日、大人600円で地下鉄と市バスが乗り放題になる「ドニチエコきっぷ」というものがあります。

この記事では「ドニチエコきっぷ」の魅力を全力でお伝えします。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

ドニチエコきっぷとは

ドニチエコきっぷとは、土日、祝日(休日ダイヤ扱いの日)、と、毎月8日に使用できる、地下鉄、市バス、なごや観光ルートバスが一日乗り放題になるチケットです。

一日乗車券・ドニチエコきっぷ|名古屋市交通局

 

f:id:jikishi:20170408095243p:plain

この画像に表示されている地下鉄の駅なら一日乗り放題ということになります。

ちなみに終電で24時を過ぎるようなケースもありますが、問題なく使えます。

 

土日祝日は分かるんですけどなぜ8日もなのかと思ったら、毎月8日は環境保全の日だからだそうです。詳しく調べようと検索してみたんですが一切環境保全の日に関する情報が出てこなくて笑いました。

まあたまには車ではなく公共交通機関を利用して環境に配慮しましょうということですね。愛知県は交通死亡事故件数で他県の追随を許してないのでそれも関係しているのかもしれません。

ドニチエコきっぷ以外にも一日乗車券はある

今回初めてちゃんと調べて知ったんですが、正式表記は「ドニチエコ」までがカタカナで「きっぷ」だけがひらがななんですね。土日エコ切符でもどにちえこキップでもありません。お気を付けください。この文章は検索用です笑。

ちなみにドニチエコきっぷは上記の通り基本的に休日にしか販売されませんが、平日は平日で一日乗車券というものがあります。

平日は

  • バス一日乗車券
  • 地下鉄一日乗車券
  • バス・地下鉄一日乗車券

の3種類があります。

しかし、ドニチエコきっぷに比べて割引額は少なくなっています。表で見てみましょう。

 

  バス一日乗車券 地下鉄一日乗車券 バス・地下鉄一日乗車券 ドニチエコきっぷ
大人価格 600 740 850 600
子供価格(6~11) 300 370 430 300

 

並べてみるとドニチエコきっぷのお得さが一目瞭然ですね。平日のバス一日乗車券の値段で休日はバスも地下鉄も乗り放題ということになります。

ちなみに5歳~1歳までのお子様は大人一人につき2名まで無料、1歳未満のお子様は何名でも無料です。

どのくらい地下鉄に乗れば元が取れるのか

しかしこれだけでは県外の人はどのくらい得なのか分かりにくいですよね。実際に地下鉄に何回乗れば元が取れるのかというのを考えていきましょう。

名古屋市営地下鉄の初乗り料金は200円です。なので、単純に地下鉄に3回以上乗ることが確定しているなら買った方がお得です。

 

名古屋発の価格を見てみましょう。

f:id:jikishi:20170409094943j:image

初乗りは200円ですが、行き先によっては300円以上かかるところもあります。

そういう時は往復だけでもドニチエコきっぷを買った方がいいと思います。途中で寄り道もできますしね。

 

それ以外でも例えば名古屋港水族館に行く時などは絶対に買った方がいいです。

その辺りを説明していきます。 

スポンサーリンク

 

名古屋の観光施設が割引になる!

ドニチエコきっぷはさらに、名古屋市内の観光スポットを割引価格で利用することができます。

www.kotsu.city.nagoya.jp

↑のリンクから確認すればどこでどれだけの割引が受けられるのか調べられるのですが、これがめちゃくちゃ調べるの面倒くさいのでまとめました。

 

観光施設名 最寄駅 営業時間(チケット購入可能時間) 基本料金(大人) 割引後 備考
名古屋テレビ塔 10:00-22:00 700 600 イベント時は割引なし
愛知県美術館 10:00-17:30   企画展100円引き  
森村記念館アートカフェ栄 10:00-17:00 800 600  
名古屋城 市役所 9:00-16:00 500 400 中学生以下は無料
名古屋市科学館 伏見 9:30-16:30 800 720 イベントにより異なる
名古屋市美術館 伏見 9:30-16:30 300 250  
市営交通資料センター 久屋大通 10:00-17:00 無料 無料 粗品プレゼント
ヤマザキマザック美術館 新栄町 10:00~16:30 1000 900  
文化のみち二葉館・橦木館 高岳 10:00-17:00 200 160  
堀美術館 高岳 12:30-16:30 1000 800  
古川美術館・分館爲三郎記念館 池下 10:00-16:30 1000 800  
名古屋ボストン美術館 金山 10:00-16:30 900 700  
白鳥庭園 神宮西 9:00-16:30 300 240  
熱田神宮宝物館 神宮西 9:00-16:10 300 250  
名古屋港水族館 名古屋港 9:30-17:30(季節により変動) 2000 1800  
ポートビル展望室・名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ 名古屋港 9:30-15:30 700 580 3館共通入場券
名古屋港シートレインランド 名古屋港 10:00-20:00 1000 800 回数券価格
名古屋市市電・地下鉄保存館 レトロでんしゃ館 赤池 10:00-16:00 無料 無料 粗品プレゼント
トヨタ産業技術記念館 亀島 9:30~17:00 500 400 レストランでも割引あり
名古屋市博物館 桜山 9:30-16:30 300 250  
戦争と平和の資料館 ピースあいち 一社 11:00-16:00 300 250  
水の歴史資料館 覚王山 9:30-16:30 無料 無料 粗品プレゼント
揚輝荘 覚王山 9:30-16:30 300 240  
ノリタケの森 亀島 10:00-18:00 500 450  
マンドリンの音の博物館 川名 10:00-16:00 700 665  
桑山美術館 川名 10:00-16:00 500 400  
昭和美術館 いりなか 10:00-16:00 600 500  
東山動植物園 東山公園 9:00-16:30 500 400  
東山スカイタワー 星が丘 9:00-21:00 300 240 中学生以下は無料
星ヶ丘ボウル 星が丘 8:00-26:00     土日祝日1,200円、貸靴代200円
徳川園 市バス「徳川園新出来」 9:30-17:00 300 240 中学生以下は無料
徳川美術館・蓬左文庫 市バス「徳川園新出来」 10:00-16:30 1200 1000 土曜は小中高生無料
名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット 市バス「ワイルドフラワーガーデン」 9:30-17:30 300 270  
東谷山フルーツパーク 市バス「東谷山フルーツパーク」 9:00-16:30 300 240  
大一美術館 市バス「鴨付町」 10:00-17:00 800 600  
有松・鳴海絞会館 市バス「有松小学校」 9:30-17:00 300 270  
愛知県陶磁美術館 リニモ「陶磁資料館南」 9:30-16:00   企画展20%オフ  

これは2017年4月9日現在の情報です。詳細は各公式サイトを参照ください。

 

地下鉄初乗りは200円なので、単純に200円以上割引になる施設はそれだけでドニチエコきっぷを買った方がいいです。それ以外にも往復のきっぷ代で500円オーバーになるようなケースもあるので、ケースバイケースです。トータルのコストで計算しましょう。

さらに飲食店での割引も! 

これ名古屋在住の方でも知らない人が多いと思うんですけど、ドニチエコきっぷを提示すると割引がきくお店があります

どうせそんなにないんでしょと思われますよね。実はここではあげきれないほどあるんですよ。

例えば

  • 山本屋総本家 ソフトドリンクサービス
  • タカノフルーツパーラー パフェ注文でコーヒーサービス
  • 矢場とん グッズプレゼント
  • マクドナルド ポテトMサイズ150円で販売
  • 銀座ライオン 飲食代10%オフ
  • あつた蓬莱軒 食後のアイスサービス

ここにあげたのはごく一部です。

 

f:id:jikishi:20170409100740j:image

全ての飲食店の割引情報を調べるには、きっぷ売り場の近くにあるこの「なごや得ナビ」パンフレットで確認してください。どうやら期間で割引内容が変わったりするので都度確認が必要です。

 

f:id:jikishi:20170409100806j:image

このように割引になるお店が紹介されています。

 

それでも多分調べきれないと思うので、

f:id:jikishi:20170409100826j:image

店頭にこのマークがないかを探してください。このマークがある店でドニチエコきっぷを提示すればなんらかのサービスを受けることができます。

 

スポンサーリンク

 

ドニチエコきっぷの買い方

ドニチエコきっぷは地下鉄の駅の券売機で購入できます。市バスの車内でも買えますが、多分いきなり市バスに乗る上級者はいないと思うので地下鉄の駅で買うのが無難です。

 

f:id:jikishi:20170408140404j:image

こちらのドニチエコきっぷ専用券売機か、

 

 f:id:jikishi:20170410080758j:image

こちらの黄色い券売機でも購入可能です。

 

f:id:jikishi:20170408140454j:image

これがドニチエコきっぷです。地下鉄の路線図も書かれていて分かりやすいですね。実はもう一種類デザインがあって、謎のカラーコーンが書かれてるだけのものがあります。路線図だけにした方が分かりやすいと思うんですけど…。

f:id:jikishi:20170410080548j:image

カラーコーンみたいなデザインのやつ

 

乗り換え可能な駅は両方の色で書かれています。実際にはこの路線図にJRや名鉄が絡んでくるのでややこしいのですが、せっかくドニチエコきっぷを買ったのでできるだけ地下鉄で移動しましょう。

f:id:jikishi:20170409140059j:image

 f:id:jikishi:20170410081212j:image

 

一度改札に通すと、裏に使用日の日付が記載されます。この日のみ使用可能です。

改札を通る際は、これを改札機に通す、要するに切符の扱いと同じようにして通過してください。ICカードのようにタップしても通らないので気をつけてください。

ちなみにドニチエコきっぷは誰でも使えてしまいますし、一度使ったら返金不可なので落としたりしないように気をつけましょう。

一日使用した後、もう使わないという時は改札のすぐ近くに回収BOXがあるのでそちらに入れましょう。もちろん持ち帰っても問題ありませんが、多分リサイクルとかしてるんだと思います。

 

まとめ

というわけで、名古屋を公共交通機関で巡るならとてもおトクなドニチエコきっぷ を是非ともご活用ください。

これを活用することで、名古屋市内をお得に旅行できるだけでなく、今まで知らなかった名古屋を知るきっかけにもなると思います!

 

スポンサーリンク

 

 

www.jikishi.com

www.jikishi.com

www.jikishi.com

www.jikishi.com

www.jikishi.com

www.jikishi.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク