読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか連れてくよオアフ島

~マイルを使ってハワイに行って帰ってくるのをくり返す物語~

ハワイでジップラインを体験!ケアナファームの予約方法、当日の流れを紹介します

ハワイ2日目です!

ハワイでのアクティビティを探すために観光ガイドを見ていたところ、ジップラインというのが目につき、勢いで予約してしまいました。これが実際めちゃくちゃ楽しかったのでご紹介します。私が予約したのはKEANA FARMS(ケアナファーム)というところです。

 

スポンサードリンク

 

ジップラインとは?

ジップライン(ZIP-LINE)とは、木々の間に張られたワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りる遊びである。Flying foxともいう。

ジップライン - Wikipedia

というわけで、口で説明するより動画を見てもらうのが一番早いと思います。

 

どうですか?めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか?実際めちゃくちゃ楽しいです!

当日の流れ


予約時間の15分前には到着すること!

f:id:jikishi:20161017222802j:image
まずは、予約時間の15分前には到着しておきましょう。マップだとケアナファームはワイキキから1時間7分と出てきますが、私は渋滞に巻き込まれたりで1時間20分ほどかかりました。
そして、ギリギリに着いてしまったせいで練習をさせてもらうことができませんでした。それだけでなく同じ時間帯の方々を待たせることになってしまうので気をつけましょう。ワイキキ周辺のフリーウェイはよく渋滞するので時間には余裕を持って出発しましょう。

これがケアナファームの入り口の看板です。ワイキキ方面から来ると左側にあります。この看板のすぐ横に車が一台通れる道があるのでそこを入っていくとすぐ到着すると思います。

 


到着したら受付へ向かいましょう。壁に掛かっているiPadに必要項目を入力すれば受付完了です。受付で荷物を預かってもらえますし、貴重品専用のロッカーもあります。
受付が終了したらジップラインの器具を装備します。

カメラやiPhoneはジッパー付きのポケットの中に入れておきましょう。

 

最初は恐らく練習で一本乗らせてもらえるはずです。私たちは遅れたせいで無理でしたが…


そしたらバギーに乗ってかなりの悪路を15分くらい走ります。この辺りは雨が降ることが多いので、地面はほぼ泥でした。


窓もないバギーなので泥がかなり飛んできます。汚れてもいい服装で行きましょう。

ここからはいよいよジップラインです!乗る→歩いて移動の繰り返しです。


怖いのは最初だけで、あとはひたすら楽しかったです!


このコースは見晴らしが良く、晴れていれば公式動画のような景色を楽しむことができます。


途中でロープをよじ登ったり(地味にきついです笑)


マカデミアナッツを食べたり


バナナ食べたり


吊り橋渡ったりと、いろんな趣向がこらしてありました。給水ポイントも2コースに一回はあるので飲み水の心配はいりません。ただし、トイレはありません。

こんな感じでみっちり7本のコースを3時間楽しみました。ハワイの景色と大自然を楽しむにはもってこいのアクティビティです!

スポンサードリンク

 

ケアナファームのジップライン予約方法

私はベルトラというサイトから予約しました。

www.veltra.com

 

ここで送迎付きか送迎なしかのプランを選び、希望日、開始時間を選択し、会員登録をすまし、希望日が空いていれば予約完了です。メールの返事は日本語で来るので安心です。私は2日前に予約しましたがなんとか予約できました笑。

 

f:id:jikishi:20161017222223j:plain

 値段はそれなりにしますね…。でもそれだけの満足感は味わえます!

 

注意点(当日の服装等)

服装はマジで汚れた方がいいものを着ていきましょう。この辺りはスコールが降ることが多く、私が参加した日も晴れたり雨が降ったりの繰り返しでした。バギーに乗車際に泥が飛んでくるのもそうですが、ジップラインに乗っている時もワイヤーのサビが雨で流れてきて服についたりします。白い服などは避けましょう。
トップスはTシャツ、タンクトップでもなんでもOK、ボトムスもジーパン、ハーフパンツなんでも大丈夫です。ただ、写真を撮りたいという方はポケットにジッパーが付いてるカーゴパンツ等がおすすめです。荷物が落ちないとも限らないので。

足元はみなさんスニーカーでした。私はつま先が隠れるタイプのサンダルで行きましたが特に問題ありませんでした。 

こんな感じのつま先が保護されている奴なら大丈夫です。ビーサンはNGです。

ジップラインにはiPhoneとアクションカムを持って行きました。実際に動画も撮ることができました。 

 

ジップラインで下ってる最中に動画も撮ろうと思えば撮ることができます。かならずストラップ等で手首に固定するようにしましょう。

アクティビティが終わると、道中スタッフが撮影した写真を買うことができます。
写真一枚15ドル、2-3枚30ドル、全部で45ドルとかなり高額ですが…なかなか撮れる写真ではないので買っちゃいましたけど。写真は後日Eメールで送ってくれます。

アクティビティ後にはガーリックシュリンプを!

ケアナファームがあるここカフクは、ガーリックシュリンプ発祥の地としても有名なジョバンニ、フミズ、ロミーズといった人気店の近くにあります。もし午前中のアクティビティを予約したなら是非お昼はガーリックシュリンプを食べてください。人気店が揃ってるので行列は必至ですが、それだけの満足感は味わえます。その辺りはまた別記事で紹介します。

www.jikishi.com

スポンサードリンク

 

 

 

www.jikishi.com

 

www.jikishi.com

www.jikishi.com 

 

www.jikishi.com

 

 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ

スポンサードリンク